創価な結婚式

2018/09/07/23:49  未分類

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 女子部の先輩の結婚式に出たことが、2度あります。
 二人とも晩婚でしたが、結婚できただけ良いのでしょう。女子部では結婚できずに婦人部にあがる人も多いですから…。おそらくその理由としては、相手方との宗教の不一致、が多いと思われます。

 結婚した先輩は、どちらも内部の方と結婚しました。
 ですから、式にも内部の人が多数参列しました。私もその一人。
 あとは仲人が幹部だったりもしました。そのころ、すでに仲人を立てる人は少なくなってきていましたが、新郎新婦のほうからどうしてもやって欲しいとお願いしたようです。

 150人規模の結婚式では、私はまだ学生で、結婚式にはじめて呼ばれ、フォーマルドレスを持っていませんでした。
 親も何も言わなかった(親は着物で参列)ので綺麗めの普段着で参列しましたが、今かんがえると大変非常識な服装でした…。こういうのは親が指導すべきところだと思うのですが。親は一応幹部で式も多数参列しているんだし。写真に残ってしまうし、この件に関しては適切な服装を教えてくれなかった親を少し恨んでいます。

 来賓には新郎新婦の職場関係の方たちが、その次点のテーブルに学会関係が集められていました。スピーチなどは普通に行われ、特に学会色を感じることはなかったと思います。人数が多いので盛大な式でした。

 もう1人の先輩の式は仏前で行われたそうです。もちろん創価のご本尊の前でです。
 私は式は出ていないのでよく知りません。会館ではなく一般の創価のご本尊対応の会場で行われたそう。

 私は二次会のみ参加したのですが、それはもう、大変騒がしかったです。
 はじまりは和やかだったのに、お酒が入って宴もたけなわ、お開きも近くなると…なんと学会歌を歌う男子部が登場。
 本部幹部会よろしく指揮をとりはじめ、周囲の学会員(新郎新婦の仲間である青年部)たちが歌いはじめ大合唱。
 二次会に参加していたのは学会員だけではありません。新郎新婦の職場関係や、恐らく学会以外の友人もいたと思います。
 私は、うわぁ…とドン引きしながら見ていました。
 さすがに新婦も苦笑いしていた気がします…。
 ほどなくして終了となったので私はそそくさと退散しました。空気がいたたまれなくて…。新婦職場関係のテーブルが近かったのですが、その方々の視線が、笑っているものの内心では引いている感じがして。
 私が去るその後ろでは、さらに盛り上がって学会歌を合唱する声が聞こえていました。お店は半分貸切で普通営業のエリアとは離れていたとはいえ、店員から注意されるぞと思うくらいの大音量でした。酔ってるし、もう会館内と間違えてるんじゃないのかというほどに。

 このように、学会歌の大合唱や、私自身の服装など、学会員は常識がないと言われるのは仕方ないところです。実際そうなんですもの。

 最後に私自身の結婚式での話を。
 50人規模のこじんまりとしたレストランウエディングをしたのですが、事前にスピーチを地区部長にお願いしていました。父がどうしても地区部長に、とのことでしたが私としては渋々でした。何を言うかわからないところのある地区部長だったので…。父は幹部でしたので付き合い等あり地区部長に頼みたかったのでしょうが。

 私はあまりに不安だったので、地区部長に忠告とともにお願いしました。新郎側は外部でアンチもいるので、創価っぽいことは言わないで欲しいと。うまくやるよと地区部長は気楽に笑っていました。

 私の不安は見事に的中。
 最初は何事もなさそうに思えたスピーチ(話しかたは会合でよくある幹部のものでしたが)が、中盤以降は怪しくなり。
 曰く、先生にお答えする精神で…。
 曰く、人間革命に繋がる新生活を…。
 曰く、◯,◯◯の記念日と今後の大発展に向けて子供をぜひ何人も…。

 これ何かの活動報告?決意発表?という感じで、外部の人はキョトンとしたと思います。私はひたすら恥ずかしかった。
 後で義母に「あの人、言っている意味がわからないし、普通のスピーチとずいぶん違っておかしいわよね。親戚に聞かれて答えにくかったわ」と言われて謝るしかありませんでした。
 ところがなぜか父と母は誇らしげでしたので、やはり学会員は創価が絡むとひたすらに非常識になるのは間違いのないところです。

 現役女子部の皆さんには、こんな結婚式を挙げることにならないよう気をつけていただきたいです!!



◄ prev next ►